後藤田隆の 隣のエロチャット 突撃レポート!|エンジェルライブ編:レポートvol.5

隣のエロチャット 突撃レポート!

エンジェルライブ編:レポートvol.5

しかし人気者の女の子だからか、なかなかじらせ方も上手です。
手ブラ状態から乳首を見せてくれないのです。



この女の子の手をどけさせようと、見知らぬユーザーが頑張っています。

「よし、いいぞ、その調子で口説け」

と心ながら応援していると、筆者は画面上に妙な欄を見つけます。



女の子の映像の下にプレゼントという文字です。
ネットで検索してみると、
どうやらエロチャットで自分の気持ちを女の子に伝えるためにプレゼントが贈れるみたいなのです。
キャバクラの女の子に高いボトルを入れてあげる感覚でしょうか?
クリックをしてみると、



以上のようなプレゼントが贈れると分かりました。後藤田は一瞬、迷いました。
何を贈ろうか、懐事情を計算しながら頭を働かせ始めたのです。
取材なのでプレゼント機能を試せればそれで構いません。
一番安上がりの『気持ち10pt』を贈ってみようかなと思いました。
しかし、そのしみったれた自分を叱りつけるもう一人の自分が現れます。

「ダイヤだろう」

と、後藤田は思いました。
日露戦争で活躍した将軍も語っていましたが、
ちまちまと兵力を分散させるよりも1カ所に全兵力を殺到させた方が効果的らしいのです。

「ダイヤだ」

と後藤田は決心し、よく分からず『ダイヤ』のボタンをクリックしました。
その瞬間、事態が動き始めます。

「あっ」

と、女の子の声が聞こえて、その後に沈黙が続きます。
湖面に投げ入れた石の波紋を、静かに皆で見守っているような沈黙です。
のぞき見の分際でダイヤモンドを贈った後藤田の行為がチャットの流れを阻害してしまったらしいのです。

「しまった、マナー違反か」

と、慌てて画面を見ると、


という文字が他のユーザーさんから出てきます。見えづらいかもしれませんが、

「すごい」
「覗きさんも」

と、後藤田を褒めてくれる声がチャット欄に見えたのです。
しかも手ブラ状態で足踏みをしていた状況が、私の贈ったダイヤモンドで打開されていきます。
チャットで声を掛けていた男性ユーザーさんが、

「覗きさん(※この場合、後藤田)も本気だ。○○ちゃんに手を取って欲しいんだよ」

と、私のダイヤモンドをてこに女の子を動かし始めたのです。
女の子も手ブラを取るきっかけがなくて困っていたのかもしれません。

「うん、嬉しい」

と、うるうるの声を出すと、女の子は手ブラを取ってくれました。

「Amazing!」

思わず、ため息がもれました。真っ白い2対の乳房が柔らかく盛り上がって揺れています。
乳首の形もサイズもほどよくてまさにパーフェクトでした。

「抜ける!」

と、意気込んだ筆者は右手を激しく動かし始めます。しかし、だしぬけに、



というウィンドウが開き、女の子の乳房が隠れてしまいました。
どうやらダイヤモンドを贈ったつけが早速出てきたようです。
3,000円分もあったはずの無料ポイントがあっという間に底をつきかけていたのです。
筆者は迷わず500ptsを購入し、のぞき見を続けます。すると、

「覗きさん、チャットに入ってきませんか?」

と、まさかの男性ユーザーからチャットINのお誘いが。
このころには筆者はもう、この見知らぬ男性ユーザーさんに対し親密な友情を抱き始めています。
自分のダイヤモンドを最大限に生かしてくれた同士に、他人以上の何かを感じていたのです。

その後は既存のユーザーさんと筆者と女の子でチャットを楽しみ、無事に目的を達成しました。
追加で購入したポイントは、この子で全て消費です。恐るべしエロチャット。

それでもアウトしたときには、心地良い疲労感を心と体に感じていました。
かわいらしい声とおっぱいの残像が後藤田をいつまでも愛撫(あいぶ)してくれます。

なるほど突撃取材の2件目でつくづく学びましたが(レポートは1件目)、エロチャットは団体競技です。
自分1人で楽しむよりも団体で取り組んだ方がはるかな高みまで達し得るのです。
いやあ、人と人ですね。人生は。

「素晴らしき哉、人生」

後藤田が1件目にレポートしたかった気持ちが分かっていただけましたか?

  • 風俗ライター後藤田隆の 隣のエロチャット 突撃レポート!
  • 風俗ライター後藤田隆が聞く!現役パフォ40の質問

スマホDEピンクLIVE

スマートフォンからでも情報を
見ることが出来ます。
最新の情報をどこでもいつでも
チェックできるのでとても便利。
右のQRコードで簡単アクセス!